本文へ移動

サポーターの取り組み紹介

集まれ!あかはねちゃんサポーター2020☆の取り組み紹介 ※随時更新中

募金ボランティアのみなさま(神戸市中央区)
神戸市中央区共同募金委員会では、福祉教育の一環として若い世代の方々に募金の使いみちを知っていただき、地域福祉への理解促進及び募金文化の醸成を行う活動に取り組んでいます。
10月より中央区の小学校にご協力いただき、子ども達へ赤い羽根共同募金運動についてお話をさせていただいています。
神戸市立上筒井学校、神戸市立なぎさ小学校、神戸市湊小学校を訪問させていただきました。
校長先生のお話が終わると、あかはねちゃんサポーターの「かもめん」登場!
子ども達は大きく手を振ってくれました。
なぎさ小学校の児童のみなさんは、「かもめん」のことも「赤い羽根共同募金」のことも知っている人が多く、おどろきもありましたが、大変嬉しく思いました。
赤い羽根共同募金運動のクイズ(〇×クイズ)では、みんな真剣に考えて、しっかりと手をあげて答えてくれました。
募金の使途や募金についての話をしましたときも、最後までしっかりと話を聞いてくれました。
赤い羽根共同募金は、子ども、高齢者、障がいを持っている方々、外国にルーツを持つ方々、災害支援など様々な事業に活用されています。
各小学校の先生方、児童の皆様、ご協力いただきありがとうございました。
 
 
◆コメントをいただいた著名人の皆さま
・厚生労働大臣 田村憲久様
・赤い羽根サポーター 桜井日奈子様
・大河ドラマ「麒麟がくる」
 摂津晴門役 片岡鶴太郎様
・大相撲七月場所三賞受賞者
 正代関、御嶽海関、大栄翔関
・ANA 客室乗務員
 
県内の共同募金の使いみちについて詳しくは「はねっと」をクリックしてご覧いただけます    
 
1
0
0
3
6
7
TOPへ戻る